当院の根管治療|Dental Office(デンタルオフィス)丸の内|名古屋市中区の歯医者

〒460-0003愛知県名古屋市中区錦2丁目7-7
プラウドタワー名古屋錦オリマチ2F

ブログ Blog

当院の根管治療

歯科用CTによる
精密な検査・診断

歯科用CTを使用することで、歯の内部の断面を確認できるため精度の高い根管治療が可能となります。根管の位置関係や、根尖までの距離、病変の大きさなど、あらゆる情報が得られ、シミュレーションが可能なため、精密な治療を行うことができます。

マイクロスコープによる
精度の高い治療

神経が入っている根管は細く複雑な形状をしているため、根管治療は非常に高い精度が必要となります。肉眼で処置をすることは困難で、精度の悪い治療を行うと再治療や抜歯の選択を迫られる場合もあります。当院ではより精度の高い治療を行えるよう、状況に応じてマイクロスコープを使用しています。肉眼では確認できないような細部まで確認できますので、根管治療において欠かせない道具の一つです。

ニッケルチタンファイルを使用した
歯根にダメージを与えない治療

根管治療では、むし歯が進行している神経を除去するためファイルと呼ばれる細かな器具を使用します。一般的にはステンレス製のものを使用しますが、当院ではニッケルチタンファイルを併用しています。ニッケルチタンファイルは十分な柔軟性があるため歯根にダメージを与えず、精密に神経を除去することができます。精度の高い治療を行うことで治療後の痛みや腫れも防ぐことができます。

根管治療が難しい状態でも
歯根端切除術による治療に対応

状態によっては根管治療のみでは治癒せず歯根端切除術という外科的な治療が必要となるケースがあります。根尖部の歯肉に切開を加え病巣とトラブルを起こしている根の先端を切除・摘出し、根の断面はMTAで封鎖します。他院で抜歯が必要と判断された場合でも延命できる可能性がありますのでご相談ください。

ラバーダム防湿による
リスクを抑えた根管治療

ラバーダムというゴム膜を歯に装着し治療部位のみを隔離した状態で治療を行うことで、細菌の侵入を防ぎます。根管治療で大切なことは、汚染物質を取り除いた後に細菌を侵入させないよう根の先までしっかりと封鎖することです。もともと唾液中には大量の細菌が存在しており、通常の方法で無菌に保つことは困難なためラバーダムを装着します。

ラバーダム防湿のメリット

無菌的処置

治療する部位以外を覆うことで、唾液の侵入を防ぎ治療中の歯に触れないようにします。

器具の誤飲防止

小さな器具が治療中に口の中に落下し誤飲してしまうような事故を防ぎます。

広い視野の確保

舌、頬、唇などの部位が邪魔にならず、しっかりと広い視野で見ることができます。

薬剤の漏洩防止

治療の際に使用する薬剤が口の中に漏れることを防止することができます。

周囲の軟組織を保護

尖った器具や薬剤など口腔内に影響のある器具を使用する際に粘膜を保護します。