当院のむし歯治療|Dental Office(デンタルオフィス)丸の内|名古屋市中区の歯医者

〒460-0003愛知県名古屋市中区錦2丁目7-7
プラウドタワー名古屋錦オリマチ2F

ブログ Blog

当院のむし歯治療

科学的根拠に基づいた
安心で確かな治療

むし歯治療と一言にいっても、担当する医師により治療の方法はさまざまです。当院では、治療効果や予知性など臨床データにより裏付けられた科学的根拠をもとに、安心で確かな治療を行っています。日々進歩していく歯科医療の中で、知識や技術をアップデートすることで、患者さん一人ひとりに適切な治療をご提供できるよう取り組んでいます。

できるだけ痛みを抑えた治療

当院では、治療中の痛みを可能な限り抑えられるように、麻酔の使用による痛みに配慮した治療を行っています。ご来院いただく患者さんに、少しでも安心して治療に臨んでいただけるよう取り組んでいますので、痛みに対して不安がある方もお気軽にご相談いただければと思います。

痛みに配慮した麻酔方法

表面麻酔

麻酔注射を打つ際の痛みを軽減するために、ゼリー状の表面麻酔薬を使用しています。あらかじめ注射する箇所に塗布することで注射時の痛みを軽減します。

電動注射器

麻酔液は急激に注入すると歯周組織に圧がかかり痛みの原因となるため、電動注射器を使用しゆっくり一定の速度で注入します。

細い注射針

注射針が細ければ細いほど痛みを感じにくくなります。当院では、極細針を使用することで痛みを軽減しています。

歯を残すことを第一に考えた
精密な治療

歯を削ってしまうと天然歯として元の状態に戻ることは二度とありませんので、当院ではできるだけ歯を残す治療に取り組んでいます。この治療のことをMI治療と呼び、歯質への影響を最小限に抑え本当に悪い部分のみを修復します。少しでも歯の寿命を延ばせるよう、将来の歯を考えた治療を行っています。

MI治療の取り組み

5倍速コントラ

一般的なタービンと比較して、ブレが少なくピンポイントでむし歯を削除することができます。また、不快な切削音もマイルドに抑えることができます。

カリエスチェッカー

むし歯の取り残しと削りすぎを防ぐためのむし歯検知液です。菌に感染している部分のみ染色することで、正確にむし歯を取り除くことができます。

拡大鏡

拡大鏡を使用することで患部を拡大して見ることができるため、削りすぎの防止や神経などにも配慮した治療を行うことができます。

むし歯を削ったあとは
メタルフリー治療がおすすめ

当院では、むし歯を削った部分に銀歯など金属を使用しない治療をおすすめしています。ケースに応じて樹脂とセラミックを使い分けることで、美しい見た目はもちろんのことむし歯の繰り返しや歯周病のリスクも低減することができます。金属アレルギーでお困りの方や、過去に銀歯の治療をした方でも適応できますのでご相談ください。