外科的な歯周病治療|Dental Office(デンタルオフィス)丸の内|名古屋市中区の歯医者

〒460-0003愛知県名古屋市中区錦2丁目7-7
プラウドタワー名古屋錦オリマチ2F

ブログ Blog

外科的な歯周病治療

重度の歯周病は
外科的な処置を行います

歯周ポケットの汚れを除去するためのフラップ手術や、歯周病の進行により失った歯周組織を取り戻す再生療法などの外科処置に対応しています。重度の歯周病の場合は、通常の歯周病治療に加え外科的な処置も行うことで、歯の健康を取り戻すことができます。

治療方法

フラップ手術

歯周病の進行により歯周ポケットが深くなった場合は、通常のSRPでは歯垢や歯石の除去が難しくなるため外科的な処置を行うことがあります。歯の周りの歯ぐきを切開し、歯根に付着している汚れを徹底的に除去します。同時に歯ぐきや骨の形態を改善することで再発を予防することができます。

再生療法

重度の歯周病で失った歯周組織の再生を促す治療です。フラップ手術で歯垢や歯石を除去した後に、歯槽骨の欠損部に骨補填剤を用いたり、再生を促す薬剤であるリグロスを作用させます。

根面被覆(ルートカバー)

歯周病などの原因で歯ぐきが下がってしまった場合に、歯ぐきを移植することにより歯ぐきの厚みと高さを取り戻す治療です。一般的に上顎から歯ぐきを採取し、露出した根面をカバーするように移植します。見た目を改善するのと同時に根面のむし歯などのトラブルから歯を守ります。